助産師は看護師の上流と言われていて、一時期は減少しましたが、近年では再び助産師になりたい、という看護師が増えてきています。

助産師は妊婦さんにとって本当に大きな存在になるので、需要も高いですし、助産師さんの求人情報なども沢山あります。

ただ、助産師になるためには、看護師としての経験が必要になりますし、しっかりと研修などを受けて資格を取得しなければなりません。

その為に、働いてる職場の中で、助産師になることを応援してくれるような状況が整っていなければ、いつまで経っても、助産師を目指すことはできないと思います。

近年では、大きな病院などの場合には、助産師になりたいという看護師をバックアップしてくれるために、研修などに積極的に参加させてくれるところも出てきていますが、小さな個人クリニックなどの場合には、看護師が不足しているということもありますし、他の病院に転職されても困るという理由もあり、研修中になかなか参加させてくれないようなところもあります。

どのような職場で働いていくのかにより、助産師になれるか、なれないかが違ってくると思いますし、助産師になるまでの道のりも、変わってくると思います。

できるだけ短期間で助産師になりたい、と考えているのであれば、現在の職場の状況をしっかりと考えた上で、必要に応じて転職を考えることが必要になります。

その際には、助産師になりたいので助産師になるにはどのような職場が良いのか、ということを看護師の転職サイトでコンサルタントに相談すると良いです。

そうすれば、自分ではわざわざ職場探しをしなくても、コンサルタントが仕事探しを行ってくれるのでとても助かりますし、転職に関しての様々なサポートを受けることが可能です。